萩原流ジャストミートセオリー

萩原流ジャストミートセオリーでバッティングを上達させる

 

萩原流ジャストミートセオリーは、野球打撃を向上させバッティングを上達させます。

 

今までのバッティング練習方法を進化させ現代に合わせたバッティング理論で上達に導き

 

打率・打力・パワーなどを総合的にアップさせ、ボールをジャストミートさせるテクニックを飛躍的に伸ばします。

 

元プロ野球選手だからこそわかる打撃理論やバッティング技術を解説してあるので、打撃向上やバッティング上達

 

させたい方にはバッティングに特化した専門プログラム内容です。バットの握り方から体重移動、体の軸の使い方や、

 

下半身の使い方、バッティングスイング軌道など様々な打撃向上のノウハウを習得できます。

 

 

⇒ 萩原流ジャストミートセオリー 詳細はこちら

 

バッティング上達には日々の練習が必要

 

バッティングの上達には日々の練習が必要となります。イチロー選手や松井秀喜選手など一流選手は毎日摂生した生活をしてトレーニングを欠かしません。

 

巨人軍時代の松井秀樹選手は寮の畳が擦り切れるほど素振りの練習をしているのは有名です。一流選手でもバッティングを上達させる為に日々バッティング練習をしたり素振りをしたりして鍛えています。

 

イチロー選手も幼い頃から父親に連れられてバッティングセンターに行ってバッティング練習を行っていました。ほとんど毎日バッティングセンターに行って練習を行っていたそうです。
今はメジャーリーグで活躍するイチロー選手も幼い頃からバッティング練習をしていて、現役の今でも日々バッティング練習は欠かしません。

 

萩原流ジャストミートセオリーでは、打撃技術を向上させるノウハウが分かりやすく紹介されています。

 

プロ野球選手の多くは手にマメを作りながらバッティング練習をして打撃向上を目指しています。やはり一流のプレイヤーでも日々のバッティング練習は欠かさず行っているのですね。

 

 

自分に合わせたバッティングフォームを見つける

 

打撃向上には自分に合わせたバッティングフォームは必要になります。小さい頃ですとプロ野球選手のバッティングフォームを真似したり周りの友達のバッティングフォームを参考にしたりします。

 

ただ、そのバッティングフォームだと自分に合ったものではないのでやはり自分自身のバッティングフォームは必要となります。

 

バットの重要も同じで重い方が良いとか軽いバットでは距離が飛ばないとか言いますが、体力や握力は人それぞれによって違うので小さい時には特に自分に合わせたバットを使用しましょう。

 

バッティングフォームにしても自分が自然にバットを持って持ちやすい形があると思うのでその自然体で打撃してみるのも良いと思います。

 

無理をしてフォームを固めてしまうと体が上手に動かなくなってしまったりするので、自分が打ちやすいフォームで打撃してみると良いかもしれません。

 

プロ野球選手の中には独特のフォームでバッティングする選手も多々います。その様な選手は自分の打ちやすいフォームで打っているので良いと思います。

 

現在では基本に合わせたバッティングフォームを指導しがちですが、個性を生かしたバッティングフォームも必要かもしれません。

 

こちら【萩原誠DVD】萩原流ジャストミートセオリーを詳しく紹介しています。

 

 

 

 

 


 
27日間ヒップホップダンス上達プログラム ジニアス記憶術 7日間シングルプログラム感想